FC2ブログ
 
■プロフィール

由紀

Author:由紀
劇場で見た作品のみレビューしてます。

※基本的にネタバレしてます。その点ご留意ください。※

星の位置づけ
★★★★★・・・何をおいても必見
★★★★☆・・・オススメ!
★★★☆☆・・・一見の価値はあり
★★☆☆☆・・・悪くはないけど
★☆☆☆☆・・・私は薦めない

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
複製された男
街を覆う謎の巨大クモは何を意味するのか?

原題:ENEMY
製作:2014年 米国、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督
出演:ジェイク・ギレンホール、メラニー・ロラン、サラ・ガドン、ほか
レート:★★☆☆☆

Video +Jake+Gyllenhaal+and+Denis+Villeneuve+bonded+over+Enemy

5月に見た『プリズナーズ』が良かったので、同じ監督ということで見に行った。

主演は『プリズナーズ』でもヒュー・ジャックマンとともにダブル主演として起用したジェイク・ギレンホール。ある日、アダムは自分と瓜二つの姿形の男アンソニーを発見し、居ても立ってもいられなくなり会いに行ってしまう。アンソニーはもちろん彼の妻ヘレンも戸惑ってしまう。一方アンソニーはアダムの彼女メアリーの存在に気付き、興味をもつ。妻を困惑させた償いとしてメアリーを差し出すようアダムを脅迫し、一日だけ互いの存在を入れ替えることに。服を交換し、互いのパートナーとひと晩を過ごすが・・、といったストーリー。

90分くらいの長さだが、テンポは遅く、↑の話を90分かけてめちゃゆっくり語っていく。ところどころで不快な音楽と、謎のCGクモが現れ、観客を混乱させる。見る者は当然、瓜二つの二人がスワッピングした結末にエクスタシーを求めてしまうだろうが、ヴィルヌーヴ監督は最後に謎が謎呼ぶヘンテコリンなラストシーンを突きつけて終わる。何を言いたいのか分からない突然のあのカットが現れ、暗転してエンドクレジットが流れ出すとそこには「えっ・・」という観客のなんとも言えない空気が流れていた。

全編に漂う怪しげで緊張感漂う空気の作り方はさすがの腕前。でも『プリズナーズ』と違い、今回は監督が何を言いたかったのかがよく分からずじまい。ただのミステリーの謎解きだと思って見ると面食らってしまうだろう。それでもいいから、ピリっとした緊張感とスリル、そしてエロティックな空気に浸りたい時はおすすめの一本です。


スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

映画 | 15:52:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。