■プロフィール

由紀

Author:由紀
劇場で見た作品のみレビューしてます。

※基本的にネタバレしてます。その点ご留意ください。※

星の位置づけ
★★★★★・・・何をおいても必見
★★★★☆・・・オススメ!
★★★☆☆・・・一見の価値はあり
★★☆☆☆・・・悪くはないけど
★☆☆☆☆・・・私は薦めない

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
とらわれて夏
愛の再生のピーチパイ

原題:Labor Day
製作:2014年 米国、ジェイソン・ライトマン監督
出演:ケイト・ウィンスレット、ジョシュ・ブローリン、ガトリン・グリフィス、ほか
レート:★★★★☆

labor-day.jpg

舞台は1987年、アメリカ東部にある緑に囲まれた小さな街。シングルマザーのアデル(ケイト・ウィンスレット)と息子ヘンリー(ガトリン・グリフィス)は二人でひっそりと暮らしていた。ある日、二人は買い物に出かけた先のスーパーで逃亡犯のフランク(ジョシュ・ブローリン)に出会い、強要されて彼をかくまうことに。決して危害を加えないというフランクに対して最初は警戒心を抱いていたアデルたちだったが、共に生活を送るつれて心に傷を負っていたアデルと父の不在に寂しさを感じていたヘンリーは徐々にフランクに心を開き始める・・。

ジェイソン・ライトマン監督は、お気に入りの監督の一人。

『マイレージ、マイライフ』('09)は数ヶ月に一度は見直すくらい好きな作品だし、『ヤング≒アダルト』('11)は最初劇場で見た時はイマイチ・・だったけど、DVDが出てから見直したらすごく良作だと気付かされた一本。

登場人物のキャラで語るのではなく、ストーリーで語ることができる作家監督。インパクトのあるキャラで展開に起伏をつけたりメッセージ性を高めるのではなく、あくまで物語を紡ぐなかでポンと一つメッセージを残すことができる監督。


そのライトマン監督の最新作。先に公開された本国では評価が芳しくなく、ちまたでは「ライトマン監督の初の失敗作」なんて言われようだったのでやや心配したが、いやいやなんのその、静かに物語の世界に引きずりこまれ、そのまま観賞後も心に温かい余韻を残す不思議な力を持った作品だった。

"初"なんて言葉が付くのは、それだけこれまでの作品がいずれも傑作ばかりだったからなのだが、確かにこれまでの作品に比べると少し感じが違う。なにせ、ラブストーリーなのだ。しかも、脱獄犯と偶然出逢った一般市民の恋という設定のため、どうしてもツッコミどころはあったのは否めない。

しかし、ただのおちゃらけたラブストーリーではない。過去のトラウマから心に傷を負っていた母親が、新しい愛によって立ち直っていく様を息子ヘンリーの視点を通して描かれる。フランクはチリコンカンやピーチパイを作り、日曜大工をし、キャッチボールをする。ヘンリーから見た光景は、それまでの母との二人暮らしには欠けていた父親像そのものであり、大人の男女の恋愛模様であった。

そんなしっとり心に染みわたる愛の再生の物語が、晩夏のマサチューセッツ州で青々と茂る木々を背景に描かれる。さんさんと輝く夏の太陽や青々と茂る緑は溢れる生命力を表すようで、親子が愛を取り戻していく姿を象徴するような風景となっている。

昨今のメジャースタジオのプロデューサーは、もっぱらリスクは排除して安全を取る方針を決め込んでおり、過去作の焼き直しに必死である。本作は評価の高い原作をベースにしているとはいえ、ライトマン自ら原作に惚れ込み脚色を加えて映画化を実現したように、監督の稀有な作家性が他とは一味違う個性的な作品を生み出したといえる。


アデルを演じたケイト・ウィンスレットは年齢を重ねるほどに不幸な女の役がうまくなってきた。ライトマン監督がアデル役にはウィンスレットしかいないとスケジュールが空くまで待ち、代わりに『ヤング≒アダルト』を製作したほどの入れ込み具合のキャスティングは成功したといえる。

ジョシュ・ブローリンは相変わらずの悪人面で逃亡犯役がハマっているのだが、驚いたのは彼の若い頃の役を演じたトム・リピンスキーという俳優のブローリンの激似具合といったらありゃしない!どう見てもブローリンが演じた映像をVFXを若く加工したとしか見えないのだが、元からクリソツの実在の役者さんだった。これは必見。


興行的にもヒットしないし、評論家からの評判もそこそこだけど、ライトマン監督の新作を見れるありがたさ。これは何物にも代えがたい幸福です。
スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

映画 | 17:29:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。