FC2ブログ
 
■プロフィール

由紀

Author:由紀
劇場で見た作品のみレビューしてます。

※基本的にネタバレしてます。その点ご留意ください。※

星の位置づけ
★★★★★・・・何をおいても必見
★★★★☆・・・オススメ!
★★★☆☆・・・一見の価値はあり
★★☆☆☆・・・悪くはないけど
★☆☆☆☆・・・私は薦めない

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小さいおうち
こぼれ落ちる涙のワケ

原題:小さいおうち
製作:2014年 日本、山田 洋次監督
出演:松たか子、倍賞千恵子、吉岡秀隆、黒木華、妻夫木聡、ほか
レート:★★★☆☆

378033201_0.jpg

昭和のはじめ。東北の田舎から出てきたタキ(黒木華)は、東京郊外に建つ少しモダンな、赤い三角屋根を構える平井家のお手伝いさんとして働きはじめる。そこには、玩具会社に勤める主人と美しい年下の妻・時子(松たか子)、二人の間に生まれた男の子が穏やかに暮らしていた。穏やかな彼らの生活を世話することに幸せを感じていたタキだが、板倉(吉岡秀隆)という青年が家族の前に現れてからというもの奥様の心が彼に少しずつ傾いていくの見るにつけ、タキは複雑な思いを抱く。奥様が用事で板倉の下宿に一人で向かい、帰宅すると着物の帯が逆さになっていることに気付いてしまったタキは思わず涙を流してしまう。そんなある日、板倉が家を訪れ、召集令状が届いたため戦地に赴くことになったと告げる・・。


昨年の『東京家族』以来、一年ぶりに山洋が帰ってきた。

今回は、昭和初期のとある家の奥さんと青年の情事と、それを目撃していたお手伝いさんの葛藤を描いたドラマ。


まず、なぜ昭和初期なのか?

もちろん、「原作がそうだから」なのだが、この原作の時代設定を山洋は変えず映画化したわけである。舞台を現代に置き換えなかったのは、通信手段を含め人々の生き方が大きく様変わりしてしまっているからなのだが、おそらく理由はそれだけではなく、戦争前夜の当時の世相と重なる部分を山洋は今の時代に感じているからなんじゃないだろうか?

作品の中で、現代のブッキーが当時の話を聞いて、「当時は戦争前だったんだから、もっとみんな逼迫して生きてたでしょう?美化しちゃだめだよ」とお婆ちゃん(現代のタキ=倍賞千恵子)が語る物語にツッコミを入れる。しかし実際に当時を生きていた人々は、やがて訪れる運命を知る由もなく、商売がうまくいくよう頭をひねり、部下に見合いを勧め、他人の情事に陰口をささやいていた。

要するに、今と変わりない日常を送っていた、そんなもんだったと千恵子バアちゃんは語るのだ。しかしそんな日常の中でも、鉄製品が回収されたり物が不足して闇市が繁盛するなど、どこか社会に不穏な空気が漂っていたことを映画は写し出している。経済や外交の不安が国民を狂信的な方向に向かわせたあの当時が、今の時代にも重なるのではないか、日本はこのままでいいのか、山洋はそう観客に問いかけているように思える。



とは言え、この映画はそんな重っ苦しいものではなくて、奥さんと青年とタキの不思議な三角関係のお話だ。

戦地へ行ってしまうことになった板倉に、奥さんは手紙を渡そうとする。奥さんが直接渡しに行ってしまうと人目もあってマズいので私が行きますとタキが申し出る。そこで、タキはある行動に出る。その行動をタキは長年悩み、当時のことを思い返すと涙が溢れるほどの思いを胸に抱き続けて生きる。

その思いとはどんな思いだったのか?

はっきりとした説明はされず、観客に想像を委ねて映画は終わる。奥様の運命を自分が決めてしまって本当によかったのだろうか?幸せな家庭を守ったつもりだったけど、それは自分よがりの幸せだったのではないか?奥様はあの後、あの家で旦那様と坊っちゃんと暮らして本当に幸せだったのだろうか?さまざまなタキの胸の内が想像されるが、こぼれ落ちる涙の粒の裏側に、心の奥底に秘めていただろう板倉への気持ちの大きさが透けて見える。

救いたかったのは平井家ではなく自分だったのかもしれないという思い。それは、生涯、独身を貫くタキを苦しめるほどのものだった。





スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

映画 | 17:32:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。