FC2ブログ
 
■プロフィール

由紀

Author:由紀
劇場で見た作品のみレビューしてます。

※基本的にネタバレしてます。その点ご留意ください。※

星の位置づけ
★★★★★・・・何をおいても必見
★★★★☆・・・オススメ!
★★★☆☆・・・一見の価値はあり
★★☆☆☆・・・悪くはないけど
★☆☆☆☆・・・私は薦めない

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
キャプテン・フィリップス
志半ばにしてソマリア沖に沈む

原題:Captain Phillips
製作:2013年 米国、ポール・グリーングラス監督
出演:トム・ハンクス、ほか
レート:途中リタイアにつき測定不可

phillips3-625x373_2.jpg

コンテナ船"マースク・アラバマ号"の船長リチャード・フィリップス(トム・ハンクス)は、貨物を載せてオマーンからケニアへと航行していた。そこへニ艇の怪しげな船が近づいてくる。海賊であることを確認したフィリップスはセキュリティマニュアルどおりに対処して一旦は追い払うことに成功した。しかし翌日、昨日と同じ海賊船が再び追ってきた。再度、セキュリティ対処を試みるが、設備の不備を突かれて乗り込まれてしまう。4人の海賊と対峙するフィリップスは、船内に隠れた乗組員たちと無線でバレないようにコンタクトを取り、海賊を下船させることに成功する。しかし救命ボートに海賊らを誘導した際、フィリップスは人質に取られて連れ去られてしまう・・。


手持ちカメラを利用したリアリティ溢れる演出が定評のポール・グリーングラス監督。ボーンシリーズの手に汗握るアクションシーンではその能力を存分に見せつけており、その後の『ユナイテッド93』('06)でも「ドキュメンタリータッチの演出ここに極まれり」と言っていいくらいの緊張感溢れる作品を生み出してきた。

その演出術はこの作品でもいかんなく発揮されている。不審な海賊船が突如現れてから船を乗っ取られてしまうまでの前半部分の恐怖感たるや凄まじい。周囲に何もないだだっ広い海のど真ん中で、得体の知れない海賊たちが迫ってくる不安。巨大なタンカー vs 小さな漁船なのに、一旦その防御壁を破られて乗り込まれてしまうと、一気に死という恐怖に襲われる。恐怖を煽るサウンド効果と合わせて演出は完璧だ。

と、前半部分までを見たところで、体調不良により退出・・。観賞前に某コーヒーショップの豆乳ラテを買って飲んでいたのだが、飲み始めてからほどなくして気分が悪くなってきて、映画を見ている間も胃の違和感が止まらず、しまいにゃ吐き気が出てきたので観賞はそこで断念・・。

最初は手持ちカメラが揺れている映像を、スクリーン前方で見ていたので映像に酔ったのかなと思ったのだが、劇場を後にしても全然気持ち悪さが収まらずに胃がゴワゴワしていたところ見ると完全に豆乳ラテにやられてしまったのだと思う。今思うと、何年か前も、同じ店の豆乳ラテを飲んで観賞中に気分が悪くなった記憶がある。そんなことすっかり忘れてた。どうも私の身体に合わないらしい。


ということで、海賊らに拉致されてしまったフィリップスらが後半どうなったのか不明のため、評価不能ということで。前半まで見た限りでは、期待どおりの臨場感溢れるサスペンス作品だった。トム・ハンクスは十分頑張ってたと思うが、やっぱり彼は"ムービースター"なのでドキュメンタリータッチの威力が半減しているのは否めない。あれがもう少し名前の通っていない俳優だったら完全に映像世界に飲み込まれていただろう。もっとも、そんな俳優ではこれほどの世界興行を打てなかっただろうけど。


今回は無念のひと言。後半はDVDを待ちます。


スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

映画 | 09:46:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。