FC2ブログ
 
■プロフィール

由紀

Author:由紀
劇場で見た作品のみレビューしてます。

※基本的にネタバレしてます。その点ご留意ください。※

星の位置づけ
★★★★★・・・何をおいても必見
★★★★☆・・・オススメ!
★★★☆☆・・・一見の価値はあり
★★☆☆☆・・・悪くはないけど
★☆☆☆☆・・・私は薦めない

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『風立ちぬ』に、再びやられる
『風立ちぬ』を見てから2週間、次の映画を見る気にならずにいた。
こんなに作品に打ちひしがれるのは、3月の『ザ・マスター』に続いて今年2度目。
しかしその引きずり具合は『ザ・マスター』の2倍はある。


ということで、もう一度見てスッキリしようと思い、再度観賞へ。


同じ作品で2度も感動することなど大人になってトントなくなった。
だから今回はさすがに泣かないだろうと。
今度は冷静にストーリーを追い、キャラクターの心情に寄り添い、作画の技術を堪能しようと。


ところどころ、ウルっとくることはあった。
震災のさなかの二郎らの毅然とした態度。
菜穂子の結婚式。グッときた。

で、さすがにもう泣くことはないなー、と思って見てた。
だけど、ラスト。

正確には絵コンテのカットNo. 1400 ~ ラスト。
気付いたら目からボロボロ、ゲル状の涙が落ちてた。

kaze.jpg
ここですね。

九試がサァーッと空を舞って、雲を抜けるとそこに広がる景色。
絵コンテには「下は春の濃尾平野と、桜に縁どられた木曽川」との駿ちゃんの説明。
川沿いの桜が何とも美しく、奥に広がる原野にはたくさんの緑。

で、「駿ちゃん、生きて・・・」の菜穂子ハムナプトラのシーン。
BGMは「夢の王国」から「ひこうき雲」の必勝リレー。
「クハーっ、やっぱアカンね、これは。」、と思いました。



とはいえ、これでひと区切り。
夏の大作群の公開が始まっているのでモードを切り替えます。


スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

映画雑感 | 17:26:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。