■プロフィール

由紀

Author:由紀
劇場で見た作品のみレビューしてます。

※基本的にネタバレしてます。その点ご留意ください。※

星の位置づけ
★★★★★・・・何をおいても必見
★★★★☆・・・オススメ!
★★★☆☆・・・一見の価値はあり
★★☆☆☆・・・悪くはないけど
★☆☆☆☆・・・私は薦めない

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第85回アカデミー賞受賞結果発表
第85回アカデミー賞授賞式がロサンゼルスで開催された。

授賞式の模様は後日WOWOWにてじっくり見るとして。以下、所感と結果一覧。

oscars-ipad-7-articleLarge-v2.jpg

作品賞は『アルゴ』。当サイトでは★4つ。米公開後から一貫してずっと批評家から評判がよかったが、まさか作品賞を獲ってしまうとは。外交上の大きな危機に瀕した中、人の命を救ったのがお金でも軍事力でもなく、アメリカの偉大な文化ツールである映画、しかもB級SF映画だったという事実が、裏方含めた映画の作り手たちのツボだったってことなのか、やはり。普通に良かったとは思うけど、米国マンセー、映画マンセー臭だけが気になった。プライベートでゴタゴタがあったりラズベリー賞獲ったり、キャリアに汚物が付いていたあのベン坊がこれでオスカー監督か。人生あきらめたらアカンね。

監督賞は『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』のアン・リー。『ブロークバック・マウンテン』('05)でも受賞しているから、たった7年で二回目。作風がまったく異なる作品で獲ってしまうのだからスゴイと言わざるをえない。そうそうたる監督勢を抑えての受賞はさらに価値も高い。

主演女優賞はジェニファー・ローレンス。文句なしでしょう。22歳の最年少記録?20代前半でオスカーって。あの仏頂面と低いハスキーボイス、成熟した身体と勝気な性格がベテラン女優に見せてしまう。40代くらいが楽しみ。その頃にはメリル・ストリープのようなもう観客に有無をいわせないドスコイ女優になっていること間違いなし。

助演女優賞はアン・ハサウェイ。これまた異論なし。とりあえず一回目という感じですね。彼女もまだまだこれから穫れます。主演女優賞は後に取っておきましょう。ちなみに、『世界にひとつのプレイブック』のティファニー役は、当初アニーで決まっていたらしい。作品スケジュールの都合でアニーは降板することに。有名女優が争ったこの役にはジェニファー・ローレンスに。そのジェニファーが主演女優賞というのだから面白いものだ。

主演男優賞はダニエル・デイ=ルイス。『リンカーン』は未見だが、つい最近『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』('07)を見て彼の怪演ぶりを見ていたので、まあきっと間違いない演技をしているのでしょう。

助演男優賞はクリストフ・ヴァルツ。これまた『ジャンゴ 繋がれざる者』は未見。フィリップ・シーモア・ホフマンほどの男を押さえての受賞ならそれなりに期待させていただきますよ。

脚本賞は『ゼロ・ダーク・サーティ』だろうと思っていたので、『ジャンゴ 繋がれざる者』は意外。見てないのだから意外もくそもないんだけども。これまたジャンゴのハードルが上がる。タランティーノはあまり好みではないんだけど・・、マジでそんなに?

脚色賞は『アルゴ』。ここは『世界にひとつのプレイブック』獲ってほしかった。『アルゴ』は作品賞と編集賞獲ってるからいいじゃない!

以下、技術賞もろもろ。長編アニメーションに『メリダとおそろしの森』というのだけ納得いかず。『フランケンウィニー』の方が断然よかったと思うのだが。


以上、大きな波乱のようなものはなかったけど、納得半分・首かしげ半分といったところ。これが約5,700名のアカデミー会員(94%が白人、77%が男性で、平均年齢は62歳、50歳以下は14%のみ)の民意ということで。参考までにってことで。


---------------
<作品賞>
★『アルゴ』
- 『愛、アムール』
- 『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』
- 『ジャンゴ 繋がれざる者』
- 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
- 『リンカーン』
- 『レ・ミゼラブル』
- 『世界にひとつのプレイブック』
- 『ゼロ・ダーク・サーティ』

<監督賞>
★アン・リー - 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
- ミヒャエル・ハネケ - 『愛、アムール』
- ベン・ザイトリン - 『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』
- スティーヴン・スピルバーグ - 『リンカーン』
- デヴィッド・O・ラッセル - 『世界にひとつのプレイブック』

<主演女優賞>
★ジェニファー・ローレンス - 『世界にひとつのプレイブック』
- ジェシカ・チャステイン - 『ゼロ・ダーク・サーティ』
- クヮヴェンジャネ・ウォレス - 『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』
- ナオミ・ワッツ - 『インポッシブル』
- エマニュエル・リヴァ - 『愛、アムール』

<助演女優賞>
★アン・ハサウェイ - 『レ・ミゼラブル』
- エイミー・アダムス - 『ザ・マスター』
- サリー・フィールド - 『リンカーン』
- ヘレン・ハント - The Sessions
- ジャッキー・ウィーヴァー - 『世界にひとつのプレイブック』

<主演男優賞>
★ダニエル・デイ=ルイス - 『リンカーン』
- ブラッドレイ・クーパー - 『世界にひとつのプレイブック』
- ヒュー・ジャックマン - 『レ・ミゼラブル』
- ホアキン・フェニックス - 『ザ・マスター』
- デンゼル・ワシントン - 『フライト』

<助演男優賞>
★クリストフ・ヴァルツ - 『ジャンゴ 繋がれざる者』
- アラン・アーキン - 『アルゴ』
- ロバート・デ・ニーロ - 『世界にひとつのプレイブック』
- トミー・リー・ジョーンズ - 『リンカーン』
- フィリップ・シーモア・ホフマン - 『ザ・マスター』

<脚本賞>
★『ジャンゴ 繋がれざる者』 - クエンティン・タランティーノ
- 『愛、アムール』 - ミヒャエル・ハネケ
- 『ゼロ・ダーク・サーティ』 - マーク・ボール
- 『フライト』 - ジョン・ゲイティンズ
- 『ムーンライズ・キングダム』 - ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ

<脚色賞>
★『アルゴ』 - クリス・テリオ
- 『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』 - ルーシー・アリバー、ベン・ザイトリン
- 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 - デヴィッド・マギー
- 『リンカーン』 - トニー・クシュナー
- 『世界にひとつのプレイブック』 - デヴィッド・O・ラッセル

<編集賞>
★『アルゴ』 - ウィリアム・ゴールデンバーグ
- 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 - ティム・スクワイアズ
- 『リンカーン』 - マイケル・カーン
- 『世界にひとつのプレイブック』 - ジェイ・キャシディ、クリスピン・ストラザーズ
- 『ゼロ・ダーク・サーティ』 - ディラン・ティチェナー、ウィリアム・ゴールデンバーグ

<撮影賞>
★『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 - クラウディオ・ミランダ
- 『アンナ・カレーニナ』 - シェイマス・マクガーヴェイ
- 『ジャンゴ 繋がれざる者』 - ロバート・リチャードソン
- 『リンカーン』 - ヤヌス・カミンスキー
- 『007 スカイフォール』 - ロジャー・ディーキンス

<作曲賞>
★『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 - マイケル・ダナ
- 『アンナ・カレーニナ』 - ダリオ・マリアネッリ
- 『アルゴ』 - アレクサンドル・デスプラ
- 『リンカーン』 - ジョン・ウィリアムズ
- 『007 スカイフォール』 - トーマス・ニューマン

<歌曲賞>
★「スカイフォール」(『007 スカイフォール』) - アデル、ポール・エプワース
- "Before My Time" (Chasing Ice) - J・ラルフ
- "Everybody Needs a Best Friend" (『テッド』) - ウォルター・マーフィ、セス・マクファーレン
- "Pi's Lullaby" (『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』) - マイケル・ダナ、ボンベイ・ジャヤシュリ
- 「サドゥンリー」(『レ・ミゼラブル』) - クロード・ミシェル・シェーンベルク、ハーバート・クレッツマー、アラン・ブーブリル

<長編アニメ賞>
★ 『メリダとおそろしの森(Brave)』 - マーク・アンドリュース、ブレンダ・チャップマン
- 『フランケンウィニー(Frankenweenie)』- ティム・バートン
- 『パラノーマン ブライス・ホローの謎(ParaNorman)』- サム・フェル、クリス・バトラー
- 『The Pirates!  Band of Misfits』- ピーター・ロード
- 『シュガー・ラッシュ(Wreck-It Ralph)』- リッチ・ムーア

<外国語映画賞>
★『愛、アムール』(オーストリア)
- Kon-Tiki (ノルウェー)
- 『NO』(チリ)
- 『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』(デンマーク)
- 『魔女と呼ばれた少女』(カナダ)

<視覚効果賞>
★『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 - ビル・ウェステンホファー、Guillaume Rocheron、Erik-Jan De Boer、ドナルド・R・エリオット
- 『ホビット 思いがけない冒険』 - ジョー・レッテリ、エリック・セインドン、デヴィッド·クレイトン、R・クリストファー・ホワイト
- 『アベンジャーズ』 - Janek Sirrs、ジェフ・ホワイト、ガイ・ウィリアムズ、Dan Sudick
- 『プロメテウス』 - リチャード・スタマーズ、トレヴァー・ウッ、チャーリー・ヘンリー、マーティン・ヒル
- 『スノーホワイト』
---------------


今夜は再放送にて、受賞者たちのスピーチをゆっくり見るとしよう。
スポンサーサイト


テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

映画 | 15:23:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。