FC2ブログ
 
■プロフィール

由紀

Author:由紀
劇場で見た作品のみレビューしてます。

※基本的にネタバレしてます。その点ご留意ください。※

星の位置づけ
★★★★★・・・何をおいても必見
★★★★☆・・・オススメ!
★★★☆☆・・・一見の価値はあり
★★☆☆☆・・・悪くはないけど
★☆☆☆☆・・・私は薦めない

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
96時間/リベンジ
復讐の連鎖、切ないオヤジ狩り

原題:Taken 2
製作:2012年 フランス、オリヴィエ・メガトン監督
出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン、ほか
レート:★★☆☆☆

2008年『96時間』の続編。見てないけど観賞。

taken-2-still04.jpg

イスタンブールでの仕事を終えた元CIA工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)は、バカンスを一緒に過ごし、家族の絆を取り戻そうと元妻のレノーア(ファムケ・ヤンセン)と娘のキム(マギー・グレイス)を呼び寄せる。だが、かつてキムを誘拐するも、ブライアンに息子や部下を殺された犯罪組織のボスによる復讐計画が動き出していた。街に出たブライアンとレノーラは不審な男たちの尾行に気づくが、拉致されてしまう。そして、ひとり取り残された娘のキムにも危機が迫ってくる・・。

・メッセージ
これは、たまたま誘拐した娘の父親がめちゃめちゃ強い元CIA工作員で、仲間をたくさん殺されてしまった仕返しをしようとして、また性懲りもなく仲間をたくさん殺されてしまう、切ない悪党のオッサンの物語である。

・演出/映像
オリジナルな味が一つもない。元工作員モノとしてはボーンシリーズ(『レガシー』除く)の知性・フィジカルに到底及ばず、スパイ系オヤジとしても007のような華もセクシーさもない。ダイ・ハードシリーズのように自虐に走る潔さもない。あるのはリュック・ベッソンの看板を掲げた見栄だけ。

"誘拐"を意味する原題「Taken」が邦題では「96時間」。誘拐事件の被害者が無事でいられると考えられるタイムリミットらしい。第一作は知らないが、続編ではストーリー上にタイムリミットのタの字も出てこず、96時間の意味はない。日本配給会社のクソ送球ミス。

・キャスト
第一作『96時間』で、アクションの評価を高めたと言われているクワイ=ガンことリーアム・ニーソン。とはいえ動きは鈍く、ちょっとでも激しいシーンはスタントがこなしており、正直、ご老体に鞭打ってアクションをこなしている感が否めない。2012年の仕事が『THE GREY 凍える太陽』、『タイタンの逆襲』、『バトルシップ』、そしてラーズ・アル・グール。これを迷走といわず何と言う。

マギー・グレイス。TVドラマシリーズ『LOST』で出世したオハイオ・ガール。主要キャストで唯一美人だったけどシーズン最速で死亡っていう。あれから年月が流れ、29歳。ここから30代にかけて、役をゲットするのが難しいお年頃です。はたして生き残れるか。
スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

映画 | 18:45:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。